Techno-Ocean2020 出展予定だった出展者紹介ページ

​注目情報

次世代海洋資源調査技術研究組合(J-MARES)

​※画像をクリックすると拡大します。

自在な深海底調査への挑戦—産業化モデル構築へ

 次世代海洋資源調査技術研究組合(J-MARES)は、石油資源開発株式会社、株式会社地球科学総合研究所、三菱マテリアルテクノ株式会社、いであ株式会社の4社からなる、海洋資源調査システム・運用手法・環境評価手法の技術確立に関する研究開発を目的とした技術研究組合です。2014年の組合設立当初より、内閣府SIP(戦略的イノベーションプログラム)第1期海洋課題「次世代海洋資源調査技術」に実施機関として参画し、熱水鉱床を対象とした深海鉱物資源調査の技術開発を進め、2018年からはSIP第2期海洋課題「革新的深海資源調査技術」に唯一の民間実施機関として参画し、南鳥島周辺EEZ海域に賦存するレアアース泥を対象とした技術開発を継続してきました。
 現在の主な取り組みは以下の通りです。

<産業化モデル構築の検討>
 世界のレアアースおよび関連する海洋ロボット調査技術に関する動向を調査し、レアアース調査から生産にいたるプロセスに関する経済性向上の可能性について検討を行っています。また、将来の資源開発を視野に、資源の選鉱・精錬、残土の処理・運搬、人員・資材の輸送等の拠点基地としての南鳥...

​出展企業・団体情報

次世代海洋資源調査技術研究組合(J-MARES)

【部署・所属】

【電話番号】

【FAX番号 】

【E-mail】

【住所】

〒112-0012 東京都 文京区 大塚1−5−21
株式会社地球科学総合研究所内

​展示会に出展予定だった注目企業

川崎重工業株式会社
国立研究開発法人海洋研究開発機構
マリメックス・ジャパン株式会社
Show More

​© the 18th Tehno-Ocean