Techno-Ocean2020 出展予定だった出展者紹介ページ

​注目情報

神戸市の挑戦

​※画像をクリックすると拡大します。

「海洋産業の振興」・「水素エネルギーの推進」での取り組み

〇「海洋産業の振興」の取り組み
神戸市は国際貿易港として神戸港が整備され、港町として知られており、今日では川崎重工業や三菱重工業など日本の潜水艦の建造拠点となっています。そのような海洋都市としての基盤を活かし、海洋産業の振興を図るため、平成27年度から調査研究を開始し、平成28年度より北海油田に近接し、世界トップクラスの海洋産業先進地域である英国スコットランドのアバディーン市と交流を深めています。平成29年度から海洋ビジネスコーディネーターを配置し、アバディーン市との連携の強化や更なるネットワークの形成を促進し、平成30年度にはアバディーン市と連携協定と結び、令和元年度にWECP(World Energy Cities Partnership)に加盟するなど石油・資源を基に海洋産業を発達させた海外の海洋都市との連携を図ってきました。
 また海洋人材を育成するため、平成30年度よりロバート・ゴードン大学でのサマープログラムを実施し、令和元年度より高校生から大学生までの学生を対象に、ビジネスアイデアコンテストを実施しています。
 令和2年度は神戸の地域特性を活かしながら...

​出展企業・団体情報

神戸市

【部署・所属】

【電話番号】

【FAX番号 】

【E-mail】

【住所】

企画調整局エネルギー政策課

〒650-8570 兵庫県 神戸市中央区加納町 6−5−1

​展示会に出展予定だった注目企業

川崎重工業株式会社
国立研究開発法人海洋研究開発機構
マリメックス・ジャパン株式会社
Show More

​© the 18th Tehno-Ocean